こにはめも

ハンガリーのキッチン「Konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」作り方・レシピ。

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」

よく熟れたフレッシュなトマト、にんにく、塩、こしょうとオリーブオイルで作る「トマトソース」

 

毎年恒例、夏になると保存用にせっせと瓶詰めにする自家製「トマトソース」

昨年も、夏の美味しいトマトをたっぷりと使って。

瓶に詰めて保存する「トマトソース」をご紹介しました。

 

今年は、一回に煮込むトマトの量を減らして。

煮込む時間を短く!時短で作る「トマトソース」

 

瓶に詰めて保存する「トマトソース」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

私の作り方は、ハンガリーの農家の友人に教えてもらった、本当に簡単な作り方◎

 

材料は、トマト、にんにく、塩、こしょう、オリーブオイル。

作る手順は、6つ。

  1. オリーブオイルでにんにくを炒める。
  2. トマトをザクザク切って煮る。
  3. 瓶を煮沸消毒する。
  4. 熱々のトマトソースを③の瓶に詰める。
  5. オリーブオイルを注ぎ、トマトソースの表面を覆う。
  6. フタをして、布巾などで包みゆっくりと冷ます。

夏の美味しいトマトをぎゅっと詰めた自家製「トマトソース」

これで1年は持つよ〜!と教えてくれた友人。

 

毎年、保存用に3〜5kgの真っ赤なトマトをたっぷりと購入して、トマトソースを作っていましたが。

煮込む時間は、約2時間ほど。。

 

短時間で作りたい!と、

一度に長時間かけてたくさん作るのではなく、、ちょこちょこ作って保存していく方法にしました◎

 

トマト1kgに対して、トマトソースを煮込む時間は30分!

今年は、1kgくらいづつ何回かに分けて煮込んで。

瓶に詰めて保存する「トマトソース」

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」

赤と緑の「トマトソース」

毎年、真っ赤なトマトを使ってトマトソースを作っていますが。

今年は、農家の友人がオススメだよ〜っと、よ〜く熟れた赤、黄色、みどりのカラフルなトマトを使って「トマトソース」にしてみたりしました◎

 

長期保存用ではなく、数日で食べ切ってしまう「バジルのトマトソース」

赤と黄色のトマトを使って、バジルの茎を活用するレシピ。

 

バジルの茎も使って作り置き!「バジルのトマトソース」と「バジルのトマトソースペンネ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

カラフルなよ〜く熟れたトマト。

カラフルなよ〜く熟れたトマト。

みどり色のトマトは熟れていないようにも見えますが。。

食べてみると、と〜っても甘くて。

そんな緑色のトマトを少し、真っ赤なトマトを混ぜてトマトソース作り◎

赤と緑のトマトを混ぜて作る「トマトソース」
赤と緑のトマトを混ぜて作る「トマトソース」
赤と緑の「トマトソース」

使用したトマトは、約1kg。

煮込んだ時間は30分◎

 

煮込むと、どんな色になるかな〜?と混ぜていると。

真っ赤のトマトソースの中にほのかに緑のトマトが残っているかな?という感じでした。

赤と緑のトマトを使った「トマトソース」

赤と緑の「トマトソース」

気がつくともう10月。

9月は、ハンガリーの観光シーズンとしても過ごしやすい!と言われていますが。

今年は、肌寒かったな〜と。

 

今年の冬は、とっても寒くなるという予報ですが。。

ヨーロッパのエネルギー問題があるので、、

暖房費の節約のため、公立の学校では今年の秋休み(1週間)はなし。

暖房を完全に切るために、冬休みを1週間長くするそうです。

 

ブダペストの街中を歩いていると、イチョウはほんのり黄色くなり始めてていて。

紅葉が進み、落ち葉も舞う季節になってきました。

季節の変わり目、体調には気をつけたいですね◎

ほんのり黄色のイチョウと秋晴れのブダペスト。

ほんのり黄色のイチョウと秋晴れのブダペスト。

では。

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」作り方・レシピをご紹介します♡

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」作り方・レシピ。

:材料:

  • トマト 1kg
  • にんにく 2片
  • オリーブオイル 適量
  • 塩 小さじ1.5〜2 (お好みで)
  • こしょう  適量

よく熟れた真っ赤なトマト。

よく熟れた真っ赤なトマト。

:作り方:

1. にんにく(粗みじん切り)にカットします。 

2. お鍋にオリーブオイルを入れて、①のにんにくを炒めます。【写真左】

3. トマト(角切り)をカットして、お鍋に入れて煮ていきます。※【写真右】

※カットしたトマトからどんどんお鍋に入れていきます◎

オリーブオイルでにんにくを炒め、トマトをお鍋に入れて煮る。
オリーブオイルでにんにくを炒め、トマトをお鍋に入れて煮る。
オリーブオイルでにんにくを炒め、トマトをお鍋に入れて煮る。

4. 塩、黒こしょうをします。

5. よくかき混ぜて、約30分(中火〜強火)煮ていきます。※

※お好みのソースの感じになるまで煮込むと◎

塩、こしょうをして煮る。

塩、こしょうをして煮る。
トマトソースを煮ている間。

6. 別のお鍋にお湯を沸かして、瓶とフタを煮沸消毒※します。

※きれいに洗った瓶とフタをお鍋に入れて、ぐつぐつと約5分煮ます。

煮沸消毒については、こちらからどうぞ♡

 

約30分後。

トマトソースができました◎

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」

7. トマトソースが熱いうちに⑥の瓶に詰めます【写真左】

8. トマトソースの表面を覆うようにオリーブオイルを入れます【写真右】

トマトソースを瓶に詰めて、オリーブオイルで膜を作る。
トマトソースを瓶に詰めて、オリーブオイルで膜を作る。
トマトソースを瓶に詰めて、オリーブオイルで膜を作る。

9. フタを閉めます【写真左】

10. タオルや布巾などで瓶を包み、ゆっくりと冷まします【写真右】

 

11. できあがり♡

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」

フレッシュトマト1kg ・30分!で瓶に詰めて保存する「トマトソース」



 

 

作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」作り方・レシピ。

作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」

ハンバーグの肉だねを使って。

一気に2品、作り置きもしてしまおう!と、たっぷりと作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」

作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」

作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」

 

ハンガリーでは日本にある「ピーマン」はなかなか見かけないお野菜。

ハンガリーと言えば!

以前ご紹介しました、細長いパプリカが特産。

 

一般的には、辛くないパプリカは黄色ですが。

色は、黄色、赤、緑、オレンジなど種類がたくさん◎

 

以前の記事、ノーベル賞受賞のきっかけ?ハンガリー特産「Paprika:パプリカ」 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

このパプリカを使って作る、ハンガリー人が大好きな家庭料理「パプリカの肉詰め」

白米を入れたもちもちの肉だねと、

セロリの香りと甘酸っぱさが特徴のトマトソースで煮込んだもの◎

 

【ハンガリー料理】トマトピューレで作る!パプリカの肉詰め 「Töltött paprika:トゥルトゥットゥ パプリカ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

先日、青空マーケットで見つけた、みどり色をした細長いハンガリー特産のパプリカ。

緑色のパプリカは、と〜っても辛い種類が多いので注意が必要なのですが。。

農家の方に聞くと、辛くないよ、と◎

 

長さが10cmほどある、ちょっと大きめのししとうのようにも見えるパプリカ。

これは!肉詰めにしたらいいかも!と嬉しくなって即購入◎

緑色のハンガリー特産のパプリカ。

緑色の「ハンガリー特産のパプリカ」

使用する材料は、ピーマン(パプリカ)、豚ひき肉、玉ねぎ、卵、塩、こしょう、砂糖、パン、白ワイン(または酒)。

 

作る手順は、6つ。

  1. 肉だねを作る。
  2. ピーマン(パプリカ)の種を取り除く。
  3. 薄力粉をまぶす。
  4. 肉だねを詰める。
  5. フライパンで蒸し焼きにする。
  6. 残った肉だねをハンバーグの形にして焼く。

 

肉詰めの肉だねは、ハンバーグの肉だねとほとんど一緒なので。

た〜っぷりと肉だねを作り。

 

ピーマンのような、パプリカを使って作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と、

残った肉だねを「ハンバーグ」にして作り置きにします。

忙しい時のために!

一度にたくさん作り、冷凍保存しておくと便利なおかずです◎

緑色の「ハンガリー特産のパプリカ」を半分にカットすると。

緑色の「ハンガリー特産のパプリカ」を半分にカットすると。

では。

作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」作り方・レシピをご紹介します♡

作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」作り方・レシピ。

:材料:

  • ピーマン(今回はパプリカ使用)   5つ  
  • 豚ひき肉   700g
  • 玉ねぎ   1個
  • 卵   2個
  • 塩   小さじ2
  • こしょう  お好みで
  • 砂糖(きび砂糖使用)  小さじ1.5
  • パン(またはパン粉)  
  • 白ワイン(または酒)
  • 小麦粉   適量
  • 食用油(今回は、菜種油を使用)  適宜

:作り方:

肉だねを作る。

1. ボウルに豚ひき肉、玉ねぎ(みじん切り)、卵、塩、こしょう、砂糖、パン(ちぎったもの)、白ワイン(または酒)を入れて【写真左】混ぜ合わせます【写真右】

肉だねを作る。
肉だねを作る。
肉だねを作る。
ピーマン(パプリカ)の下ごしらえ。

2. ピーマン(今回はパプリカ使用)をよく洗います【写真左】

3. 縦半分にカットします【写真右】

 ピーマン(今回はパプリカ使用)を縦半分にカットする。
 ピーマン(今回はパプリカ使用)を縦半分にカットする。
ピーマン(今回はパプリカ使用)を縦半分にカットする。

4. 種を取り除き、よく洗い、水気をキッチンペーパーなどで拭きます【写真左】

5. 小麦粉をまぶします【写真右】

種を取り除き、小麦粉をまぶす。
種を取り除き、小麦粉をまぶす。
種を取り除き、小麦粉をまぶす。
肉だねを詰める。

6. ⑤のピーマン(パプリカ)に 肉だねをキュッキュっと詰めます。

下ごしらえしたピーマン(パプリカ)に肉だねを詰める。

下ごしらえしたピーマン(パプリカ)に肉だねを詰める。
フライパンで蒸し焼きにする。

7. フライパンに油を入れて、⑥をお肉の面を下にしてフタをして中火で約7分ほど焼きます【写真左】

約7分後、フタを取ってみるとこんな感じです【写真右】

フライパンで蒸し焼きにする。
フライパンで蒸し焼きにする。
フライパンで蒸し焼きにする。

8. ひっくり返して、再びフタをして弱火〜中火で約3〜5分焼きます。

フライパンで蒸し焼きにする。

フライパンで蒸し焼きにする。

9. お皿に盛り付けて、できあがり♡

作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」

作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」

ハンバーグを焼く。

1. フライパンに油(オリーブオイルを使用)を入れます。

2. 残った肉だねをハンバーグの形にしてフライパンに入れ、フタをして焼きます【写真左】

3. 表面が白っぽくなってきたら【写真中央】ひっくり返して反対の面も焼きます【写真右】

残った肉だねを使ってハンバーグを焼く。
残った肉だねを使ってハンバーグを焼く。
残った肉だねを使ってハンバーグを焼く。
残った肉だねを使ってハンバーグを焼く。

これで「ハンバーグ」はできあがりです◎

今回は、冷凍保存しておきたかったので目分量でぱぱぱっと赤ワイン、お醤油、バターを煮詰めて、絡めてみました。

 

ハンバーグではなく、ステーキにもぴったりの「赤ワインソース」

今回は、にんにくを使用していませんが。

簡単「赤ワインソース」の作り方・レシピは、

牛脂で焼く「ビーフステーキ」と簡単「赤ワインソース」作り方・レシピ。こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」
作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」
作り置きにもぴったり!一気に作る「ピーマン(パプリカ)の肉詰め」と「ハンバーグ」

ハンバーグソースの作り方・レシピは、

簡単!クイックハンバーグ&ハンバーグソース。作り方・レシピ。こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」作り方・レシピ。

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」

さっとビーツの葉と茎を茹でて、シャキシャキとした食感に。

シンプルにごま油とお塩で味付けをした、簡単「ビーツの葉のナムル」

 

昨日、ビーツの根をアルムホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」と簡単「ビーツの甘酢サラダ」をご紹介しました。

 

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」と簡単「ビーツの甘酢サラダ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

今日は、ビーツの葉を使って作る簡単おかず◎

 

韓国料理のビビンパや、韓国のおかずとして定番の「ナムル」

基本的なナムルは、塩茹でして調味料とごま油で味つけしたもの。

 

ビーツの葉・茎のお味は、ちょっとほうれん草のような、フキのような感じで。

常備菜として、たっぷりと作って冷蔵保存しておくと、

ごはんにもぴったり!便利な副菜◎

 

シャキッと!した食感になるように茹で時間に気をつけて。

今日は食感とお野菜のお味を楽しむために、にんにくを使わずに。

ごま油とお塩だけで味つけをした「ビーツの葉のナムル」

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」

材料は、ビーツの葉、塩、ごま油、白ごま。

作る手順は、5つ。

  1. お鍋にビーツの葉、塩を入れて茹でる。
  2. 冷水につけてアクをとる。
  3. ビーツの葉をカットする。
  4. 塩、ごま油で味付けをする。
  5. 白ごまをかける。

作るポイントは、シャキッとさせるために、茎からお湯に入れて。

葉をさっと茹でて。

茹で時間をちょっと気をつけるくらい◎

ビーツの葉は、栄養たっぷり◎

ビーツの葉は、栄養たっぷり◎

ハンガリーの農家の友人は、いつも「ビーツ」を収穫すると、

栄養たっぷりだから食べて!と勧めてくれるのですが。

 

以前「ビーツの葉のおひたし」の時にビーツの栄養価についてご紹介しましたが。

ビーツの根は、ビタミンC、カリウム、マンガン、葉酸、食物繊維、鉄分など。

茎と葉は、根と同様の栄養素に加えて、ビタミンK、Aなどもたくさん含まれているスーパーフード◎

 

以前の記事、ビーツの葉のおひたし。作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

まだ育ちすぎていない若いビーツの葉の場合。

オリーブオイルとにんにくでさっと炒めて、付け合わせてにしても◎

 

付け合わせ。牛乳なしで作る!簡単「マッシュポテト」と「ビーツの葉にんにく炒め」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

以前ご紹介しました「ビーツのヨーグルトサラダ」は、

青空マーケットでハンガリー人のマダムから教えていただいた、さっぱりとしたヨーグルトと合わせたサラダ。

 

以前の記事、ビーツの葉を活用!簡単「ビーツのヨーグルトサラダ」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

今日は、韓国風にぱぱぱっと簡単に「ビーツのナムル」を作っていきます◎

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」作り方・レシピ。

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」作り方・レシピ。

では。

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」作り方・レシピ。をご紹介します♡

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」作り方・レシピ。

:材料:

全てお好みの量で◎

  • ビーツの葉・茎
  • ごま油
  • 白ごま

1. ビーツをよく洗い、葉と根※に分けます。

※ビーツの根は、アルミホイルに包んで「ビーツのオーブン焼き」にしていきます◎

ビーツを葉と根に分ける。
ビーツを葉と根に分ける。
ビーツを葉と根に分ける。

2. お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、お塩を入れます。

3. 茎の方からお鍋に入れて、約1分ほど※茹でます【写真左】

4. 葉を入れて、約30秒〜1分茹でます【写真右】

※ビーツの茎の太さにもよりますが、シャキッとした食感を残したいので、さっと茹でます◎

お鍋に茎、葉と入れて茹でる。
お鍋に茎、葉と入れて茹でる。
お鍋に茎、葉と入れて茹でる。

5. 冷水につけてアクをとります【写真上】

6. 水気をよく絞り、取り出します【写真下】

冷水につけてアクを取り、水気を絞る。

冷水につけてアクを取り、水気を絞る。

冷水につけてアクを取り、水気を絞る。

7. 約3cm幅にカットして、ボウルに入れます【写真左】

8. お塩、ごま油を入れて、混ぜます【写真右】

ボウルにビーツの葉・茎、塩、ごま油を入れて混ぜる。
ボウルにビーツの葉・茎、塩、ごま油を入れて混ぜる。
ボウルにビーツの葉・茎、塩、ごま油を入れて混ぜる。

お味見をしながら、お好みで塩、ごま油を加えます。

混ぜ合わせたものは、こんな感じです◎

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」

9. お皿に盛り付けて、お好みで白ごまをかけて、できあがり♡

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」

栄養満点のビーツ!

残ったものは、保存容器に入れて。

冷蔵庫に入れておくと、ちょっとしたおかずとして便利です◎

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」

にんにくなし。簡単「ビーツの葉のナムル」

 

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」と簡単「ビーツの甘酢サラダ」作り方・レシピ。

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」と簡単「ビーツの甘酢サラダ」

ビーツの根をぐるっとアルミホイルに包んで、そのままオーブンで焼く「ビーツのオーブン焼き」

 

以前にもご紹介しました、オーブンで焼く「ビーツのまるごと焼き」

ホクホクとした焼き芋のような焼きビーツ。

きれいな赤紫色をした、栄養満点のお野菜◎

 

以前の記事、オーブンで焼く「ビーツのまるごと焼き」とハンガリーのビーツサラダ「Céklasaláta:ツェークラシャラータ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

焼きたての「ビーツのオーブン焼き」がまだ熱いうちに、つるんと皮を剥いてしまって。

そのまま食べたり、サラダに使ったりしています◎

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」

ビーツのオーブン焼きは、そのまま食べるのが、一番好きな食べ方ですが。

甘酢と混ぜて作り置きにしておくと便利な一品◎

 

以前ご紹介しました、ハンガリーのビーツのサラダ「Céklasaláta:ツェークラシャラータ」は、甘酢にお水を入れて、ビーツを漬けておくという感じなのですが。

今日は、漬けずに、「ビーツのオーブン焼き」をカットして。

ただ調味料と混ぜて作る、簡単「ビーツの甘酢サラダ」を作っていきます◎

 

ビーツのオーブン焼き」の材料は、ビーツ、アルミホイル。

作る手順は、4つ。

  1. ビーツをよく洗い、葉と根に分ける。
  2. 天板にオーブンペーパーを敷く。
  3. ビーツをアルミホイルで包む。
  4. 天板にのせて、オーブンで焼く。

手順は、本当にシンプル◎

ハンガリーの農家の友人に教えてもらった方法なのですが。

オーブン焼きをする時は、一気に何個も焼いて、お料理に使ったりしています◎

ビーツのオーブン焼き
ビーツのオーブン焼き
ビーツのオーブン焼き

以前に、じゃがいも、とうもろこし、かぼちゃなど、

ハンガリーでよく食べられる食べ方「そのままオーブン焼き」をご紹介しました。

シンプルかつ、お野菜の旨味、甘味など引き出してくれる方法だな〜と◎

 

「じゃがいものオーブン焼き」と「じゃがいもとゴルゴンゾーラ&くるみ焼き」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

オーブンで皮付きのまま!「焼きとうもろこし」と「焼きとうもろこしご飯」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

ハンガリーのかぼちゃの食べ方「かぼちゃのオーブン焼き」の作り方。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

ブダペストの市場にも採れたての新鮮なビーツが出回るようになってきて。

立派なビーツ、購入してきました◎

 

丸い形のビーツもありますが、今回は細長いタイプのものを使っていきます◎

市場で購入した「ビーツ」
市場で購入した「ビーツ」
市場で購入した「ビーツ」

根も葉も美味しくいただきたいので。

根と葉を分けて。

今日は、ビーツの根をアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」と簡単「ビーツの甘酢サラダ」をご紹介します♡

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」と簡単「ビーツの甘酢サラダ」作り方・レシピ。

:材料:

「ビーツのオーブン焼き」
  • ビーツ  お好みで※
  • アルミホイル

※今回は、大きめのビーツ2つ、小さめのビーツ2つを使用します◎

「ビーツの甘酢サラダ」
  • ビーツ お好みで (今回は、小ぶりのビーツを3個使用)
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖(きび砂糖使用) 小さじ2
  • 酢(リンゴ酢使用) 大さじ2
  • クミンシード ふたつまみ

:作り方:

オーブンを170℃に設定して温め始めます。

1. ビーツをよく洗い、葉と根に分けます。

ビーツを葉と根に分ける。
ビーツを葉と根に分ける。
ビーツを葉と根に分ける。

2. ビーツの細長い根などをカットします【写真左】

3. アルミホイルに包みます【写真右】

4. あらかじめ温めていた170℃のオーブンで約1時間焼きます。

ビーツの根をアルミホイルで包み、オーブンで焼く。
ビーツの根をアルミホイルで包み、オーブンで焼く。
ビーツの根をアルミホイルで包み、オーブンで焼く。

焼き上がりました◎

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」焼き上がり。

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」焼き上がり。

焼き上がった「ビーツのオーブン焼き」のアルミホイルを開いてみます。

 

爪楊枝などを刺して、焼けているかチェックします【写真左】

中まで火が通っていたら、ナイフを使って剥いていきます※【写真右】

※ナイフで切れ目を入れて、手でぴーっと剥くこともできますが。

この時、手が真っ赤になるので、、気になる方はビニールの手袋などを使って剥くこと、お洋服が汚れないように注意すると◎

ビーツのオーブン焼きの皮を剥く。
ビーツのオーブン焼きの皮を剥く。
ビーツのオーブン焼きの皮を剥く。

「ビーツのオーブン焼き」の皮を剥いた状態がこんな感じです◎

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」

ビーツをアルミホイルに包んで丸ごと!「ビーツのオーブン焼き」

お好みの大きさにカットします。

お好みの大きさにカットする。

お好みの大きさにカットする。
簡単「ビーツの甘酢サラダ」を作る。

1. ボウルにカット※したビーツのオーブン焼きを入れます【写真左】

2. お塩、砂糖、酢、クミンシードを入れて【写真中央】混ぜます【写真右】

3.できあがり♡

※今回は、一口大の乱切りにしました◎

簡単「ビーツの甘酢サラダ」
簡単「ビーツの甘酢サラダ」
簡単「ビーツの甘酢サラダ」
簡単「ビーツの甘酢サラダ」

 

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」作り方・レシピ。

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

ごま油で生姜と小松菜を炒めて。

刻んだ納豆と茹でたパスタを絡めた、簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

 

昨日、保冷バッグとダンボールを使って作る!「手作り納豆」をご紹介しました。

ハンガリーでは、日本のようにどこのスーパーでも納豆が売られている!ということはなくて。。

おうちで手作り納豆を作っています◎

 

保冷バッグとダンボールを使って作る!「手作り納豆」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

ハンガリーで「小松菜」に出会ったことはなく。

今回ご紹介する、簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」は今年の夏に日本へ一時帰国していた時に作りました。

ぱぱぱっと冷蔵庫にあるもので作り、お味見すると、、

これは美味しい!と好評◎

 

なので。。

残念ながら、作る工程は写真を撮らなかったのですが。。

出来上がった写真だけ撮り。

忘れる前に!作る工程をメモしておきました。

 

今日は、そんな「納豆と小松菜の冷製パスタ」を記録として記載したいな、と思います。

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

材料は、パスタ※、小松菜、生姜、ごま油、塩、納豆、めんつゆ、酢(米酢を使用)、大根おろし、白髪ネギ、白ごま。

※パスタは、スパゲッティを使用します◎

 

作る手順は、8つ。

  1. フライパンにごま油、生姜を入れて、小松菜を炒める。
  2. 納豆を刻む。
  3. パスタを茹でる。
  4. ボウルにめんつゆとお酢を入れる。
  5. 白髪ネギ、大根おろしを作る。
  6. パスタを冷水で洗う。
  7. ④のボウルに⑥、①、②を入れて混ぜる。
  8. 盛り付けて、大根おろし、白髪ねぎ、白ごまをかける。

ちょっと酸味の効いたお醤油味とごま油の香り、納豆がつるつるっとパスタに絡んで◎

白髪ネギのシャキシャキ感と、大根おろしでさっぱりといただけるのも暑い日にぴったりだな、と◎

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

秋の空模様のブダペスト。

9月ももうすぐ終わり。

最近のブダペストは、ぱらりと雨が降ったり、晴れたり、秋らしい気まぐれなお天気。

今日の天気予報によると、

最高気温は、17℃。最低気温、11℃。

 

以前、ご紹介しました、ドナウ川に浮かぶ島「マルギット島」

 

以前の記事、ドナウ川に浮かぶ島「マルギット島 Margit sziget:マルギット シゲット」 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

昨年10月、マルギット島へ行った時も青空が印象的でしたが。

久しぶりに、マルギット橋をてくてく歩いて渡ると、澄み切った青空がすっかり秋だな〜と◎

秋の空のブダペスト。

秋の空のブダペスト。

秋の空のブダペスト。

先月、暑くなる前に!と朝に登った、ハンガリーの世界遺産「ブダ城 」Budai vár:ブダイ ヴァールまで行く散歩道。

 

ハンガリーの世界遺産「ブダ城」Budai vár:ブダイ ヴァールまで歩いて登る散歩道。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

その時に見つけた木。

オレンジ色の実が「ホオズキ」のようで。。

何かな〜?と思って調べてみると、名前は「モクゲンジ」というそうです◎

ホオズキのような実がなっている木。
ホオズキのような実がなっている木。
夏の「ホオズキのような実がなっている木」モクゲンジ。

先日、再び「モクゲンジ」を見上げると。

すっかり色が濃いオレンジ?茶色のようになっていて、秋だな〜と◎

あっという間に冬が来そう、、と思うような肌寒いお天気が続いているので。

体調管理には気をつけたいですね◎

秋の「ホオズキのような実がなっている木」

秋の「ホオズキのような実がなっている木」

 

では。

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」作り方・レシピをご紹介します♡

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」作り方・レシピ。

:材料:(約2〜3人前)

  • パスタ  200g
  • 小松菜  約150g
  • 生姜  1片(約10g)
  • ごま油  大さじ1
  • 塩 お好みで
  • 納豆 3パック
  • めんつゆ  大さじ1〜1.5
  • 酢(米酢を使用)  小さじ1/2〜1
  • 大根おろし  適宜
  • 白髪ネギ 適宜
  • 白ごま  お好みで

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

:作り方:

1. 小松菜※を約3cm幅にカットします。

※この時、小松菜の茎と葉を分けて置いておきます。

 

フライパンで小松菜を炒める。

2. フライパンにごま油を入れて、生姜(粗みじん切り)を炒めます。

3. ②へ小松菜(茎)を入れて炒めます。

4. 小松菜の茎が炒まってきたら、葉とお塩を入れてさっと炒めます。※

※火が通ったらすぐに火を止めます。

 

5. 納豆を刻みます※。

※ひきわり納豆を使用する場合は、そのままでも◎

納豆を刻むことでパスタに絡みやすくなります◎

 

パスタを茹でる。

6. 沸騰したお湯にお塩を入れて、パスタを茹でます。

 

パスタを茹でている間に。

7. ボウルにめんつゆとお酢を入れて混ぜます。

8. 白髪ネギ、大根おろしを作ります。

 

9. 茹で上がったパスタを冷水で洗います※。

※表示されている茹で時間よりも約1分ほど長く茹でて、冷水で洗うとキュッとしまっていい感じのパスタになります◎

 

10. ⑦のボウルに、⑨のパスタ、④の小松菜、⑤の納豆を入れて混ぜます。

11. お皿に盛り付けて、お好みで大根おろし、白髪ねぎ、白ごまをのせて、できあがり♡

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

簡単「納豆と小松菜の冷製パスタ」

 

保冷バッグとダンボールを使って作る!「手作り納豆」作り方・レシピ。

保冷バッグとダンボールを使って作る!「手作り納豆」

蒸した大豆と納豆菌(納豆)を混ぜて作る、「手作り納豆」

 

昨日、青空マーケットで見つけた「オクラ」冷凍保存の方法をご紹介しました。

ハンガリーでは珍しい「オクラ」

これは、久しぶりに「手作り納豆」を作って、オクラ納豆にしよう!と作ってみました◎

お湯で1分茹でて、輪切りにして保存!「オクラ」の冷凍保存する方法。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

保冷バッグとダンボールを使って作る!「手作り納豆」

保冷バッグとダンボールを使って作る!「手作り納豆」

「手作り納豆」を作る。

納豆を作る材料は、大豆、納豆菌(納豆)、使い捨てカイロ※。

※納豆菌の快適な40℃に保つために、使用します◎

 

作る手順は、3つ。

  1. 大豆を一晩お水に浸す。
  2. 大豆を蒸して、発酵させる。(24時間)
  3. 発酵された大豆、納豆を冷蔵庫で熟成させる。(24時間)

 

手間は大豆を蒸して、納豆菌(納豆)を混ぜるくらいなので、難しいことはないのですが。

納豆作りにかかる日数は、3日。

 

保冷バッグに入れて「納豆菌」を発酵させる。

「手作り納豆」を作る時、主に気をつけているポイントは、3つ。

  1. 使用する容器などきれいにする。
  2. 納豆を発酵させるときの通気性。
  3. 納豆菌の快適な温度を保つ、温度管理。

 

容器など使用するものを熱湯消毒などきれいにした後、使うようにして。

納豆を発酵させるために、密閉せずにふわっとキッチンペーパーとラップをかぶせるだけ◎

そして。

納豆菌の快適な温度(約40℃)を保つように、温かいところに置くと◎

 

いつもは使い捨てカイロと一緒に発泡スチロールに入れて、

毛布をぐるっと巻いて置いておきますが。

今回は、保冷バッグに使い捨てカイロと一緒に入れた後、毛布でなく、

ダンボールに入れて発酵させてみました◎

 

大事なポイントは、納豆ができるように保温できるような環境を作ってあげることかな、と◎

保冷バッグとダンボールで保温する「手作り納豆」
保冷バッグとダンボールで保温する「手作り納豆」
保冷バッグとダンボールで保温する「手作り納豆」

以前、納豆菌を増やして「手作り納豆」を作るとどうなるかな?と試してみましたが。

今回は、いつも通り。

大豆100gに対して5gの納豆菌(納豆)を使って「手作り納豆」を作っていきます◎

 

以前の記事、納豆菌を増やして作る「手作り納豆」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

この時は、自家製「キムチ」に合わせて「キムチ納豆」が食べたい!と、思い作った「手作り納豆」

今回は、「オクラ」に合わせて、「オクラ納豆」にするために、、

保冷バッグとダンボールを使って作る!「手作り納豆」作り方・レシピ。をご紹介します♡

保冷バッグとダンボールを使って作る!「手作り納豆」作り方・レシピ。

:材料:

  • 大豆 500g

  • お水 適量

  • 納豆 25g

※今回は、大豆500gたっぷり使って作りますが、お好みの量で◎

大豆100gに対して、納豆菌(納豆)5g

:用意するもの:

  • ボウル

  • お鍋(または圧力鍋※)

  • 保存容器

  • 使い捨てカイロ

圧力鍋で作る「手作り納豆」は、こちらからどうぞ♡

:作り方:

1. ボウルに大豆を入れて【写真左】たっぷりのお水を入れて【写真中央】一晩(約10〜12時間)置いておきます【写真右】

ボウルに大豆、たっぷりのお水を入れて一晩置く。
ボウルに大豆、たっぷりのお水を入れて一晩置く。
ボウルに大豆、たっぷりのお水を入れて一晩置く。
ボウルに大豆、たっぷりのお水を入れて一晩置く。

2. お鍋(または 圧力鍋)に蒸し器をセットして、下から約3cmくらいのお水を入れます。

3. ①の大豆を平らになるように入れます【写真左】

4. お鍋のふたを閉めて、約1時間(中火)蒸します。※【写真右】

圧力鍋の場合は、加圧がかかってきたら弱火にして10分間。

火を止めて、加圧がおさまるまで待ちます。

ハンガリーで納豆作り。大豆を圧力鍋で蒸して作る方法。 は、こちらからどうぞ♡

大豆をお鍋(または圧力鍋)で蒸す。
大豆をお鍋(または圧力鍋)で蒸す。
大豆をお鍋(または圧力鍋)で蒸す。

大豆を蒸している間。

5. 使用する容器などを熱湯消毒します。

詳しい熱湯消毒をする方法は、こちらからどうぞ♡

 

納豆菌の用意をします。

6. 納豆(25g)と蒸しあがった大豆のお汁(大さじ5)※を入れて【写真左】混ぜて、納豆菌を用意します【写真右】

※今回、たっぷり大豆を蒸したので?大豆のお汁は豆乳のような濃〜い感じでした◎

納豆菌の用意をする。
納豆菌の用意をする。
納豆菌の用意をする。

7. 蒸したばかりの熱々の大豆をボウルに入れます【写真左】

8. ⑥の納豆菌を入れて混ぜます【写真右】

熱々の大豆と納豆菌を混ぜる。
熱々の大豆と納豆菌を混ぜる。
熱々の蒸し大豆と納豆菌を混ぜる。

混ぜたものは、こんな感じです◎

蒸し大豆と納豆菌(納豆)を混ぜたもの。

蒸し大豆と納豆菌(納豆)を混ぜたもの。

9. 熱湯消毒していた⑤の容器にキッチンペーパーを底に敷きます。

10. ⑧の混ぜたものを入れます【写真左】

11. 保存容器の上にキッチンペーパーとラップをふわりとかけます【写真右】

保存容器にキッチンペーパーを敷き、蒸し大豆と納豆菌を混ぜたものを入れる。
保存容器にキッチンペーパーを敷き、蒸し大豆と納豆菌を混ぜたものを入れる。
保存容器にキッチンペーパーを敷き、蒸し大豆と納豆菌を混ぜたものを入れる。

12. 保冷バッグに入れ、使い捨てカイロを側面に貼ります※【写真左】

13. 保冷バッグをしっかりと閉じます。

14. ダンボールに保冷バッグを入れ、閉じて、24時間置いておきます【写真右】

※ 納豆を発酵させるために空気の通り道が必要なので、

使い捨てカイロは、上に置かずに側面、横に入れると◎

保冷バッグ、ダンボールに入れて、発酵させる。
保冷バッグ、ダンボールに入れて、発酵させる。
保冷バッグ、ダンボールに入れて、発酵させる。

24時間後。

保冷バッグを開けると、納豆!という臭いと、ほんのり温かい感じ◎

早速、取り出して【写真左】

湿ったキッチンペーパー、ラップを取り外します【写真右】

発酵24時間後の「手作り納豆」
発酵24時間後の「手作り納豆」
発酵24時間後の「手作り納豆」

15. 新たにキッチンペーパー、ラップ(または保存容器のフタ)を変えて、ふわりとのせます。

16. 冷蔵庫で24時間熟成させます。

【熟成】24時間後。

「手作り納豆」の発酵、うまくいったかな〜っと、

プーンで少し混ぜて粘り具合をチェック◎

いい感じに発酵できていたようです◎

「手作り納豆」の粘り具合チェック。

「手作り納豆」の粘り具合チェック。

17. 器に盛り付けて、できあがり♡

今回は、「オクラ納豆」にしたかったので、

さっと茹でて輪切りにしたオクラと白ごまを少しかけていただきました◎

ハンガリーで作る「オクラ納豆」

ハンガリーで作る「オクラ納豆」

今日は、久しぶりに作った「手作り納豆」についてご紹介しました。

いつも発泡スチロールで保温させていましたが、

保冷バッグとダンボールを使って作る「手作り納豆」

 

無事にねばねばとした自家製「納豆」ができました◎

ハンガリーでは、貴重な納豆。

日本にいるとスーパーなどで手軽に買えてしまいますが。

 

ほんの少しの納豆(納豆菌)を使って、たっぷりと作る「納豆作り」

冷凍保存などにして、手作りの味、ストックしておくのもいいかなと◎

お湯で1分茹でて、輪切りにして保存!「オクラ」の冷凍保存する方法。

お湯で1分茹でて、輪切りにして保存!「オクラ」の冷凍保存する方法。

ハンガリーでは珍しい、採れたての「オクラ」

先日、青空マーケットで見つけて。

ニコニコ陽気な農家の方に、冷凍保存したら便利だよ〜っと教えていただいたので。

さっと沸騰したお湯で1分茹で、輪切りににして冷凍保存にしました◎

 

今日は、そんな「オクラ」の冷凍保存についてご紹介します。

お湯で1分茹でて、輪切りにして保存!「オクラ」の冷凍保存する方法。

お湯で1分茹でて、輪切りにして保存!「オクラ」の冷凍保存する方法。

長期保存には「冷凍保存」

日本にいると、オクラはいつでもスーパーなどで購入することができますが。

ここハンガリーでは、大抵、季節のお野菜や果物がその時だけ購入できる!という感じなので。

旬の時期に、冷凍保存しています◎

 

例えば、以前ご紹介しました「えんどう豆」や「行者にんにく」など。

冷凍保存して、お料理に使っています◎

 

以前の記事、生のまま「えんどう豆」を冷凍保存する方法と「豆ごはん」の作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

以前の記事、ハンガリーの「行者にんにく」と冷凍保存する方法。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

えんどう豆や行者にんにくはそのまま、生のまま冷凍保存しましたが。

今日ご紹介する「オクラ」は、さっと茹でて。

輪切りにして、冷凍保存◎

 

輪切りにしておくことで解凍しやすいこと、

取り出して、納豆とお醤油などと混ぜて、割とすぐに食べられるところなどが便利な保存方法かな、と◎

オクラの冷凍保存は、輪切りが便利◎

オクラの冷凍保存は、輪切りが便利◎

秋葵・オクラ「Okra:オクラ」

ハンガリーでもたま〜に八百屋さんなどでオクラを目にすることがあるのですが。

ハンガリー語でも「Okra:オクラ」と呼ばれるお野菜。

原産地は、アフリカ北東部。

 

日本や中国では「秋葵」と書いて、オクラと呼ぶそうです。

 

アオイ科の植物。

オクラの旬の時期は、6〜9月。

夏から秋にかけてのお野菜なので、「秋」

アオイ科の植物なので、「葵」と書くのかな〜っと。

 

また、別名「陸蓮根:おかれんこん」とも呼ばれるようで、

レンコンのように土の中で育つのではなく、陸=土の上で育つことから

オクラもレンコンのように穴がぽこぽこ開いている形からそう呼ばれるようになったとか。

 

オクラの栄養素は、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、葉酸、食物せになど豊富に含まれていて。

夏バテ防止、整腸作用などに◎

秋葵・オクラ「Okra:オクラ」
秋葵・オクラ「Okra:オクラ」
秋葵・オクラ「Okra:オクラ」

では。

お湯でさっと約1分茹でて、輪切りにして保存!「オクラ」の冷凍保存する方法をご紹介します♡

お湯で1分茹でて、輪切りにして保存!「オクラ」の冷凍保存する方法。

:材料:

  • オクラ  お好みの量

  • 保存用の袋

:保存方法:

1. オクラをよく洗います【写真左】

2. 花殻を取り、茎の部分をカットします※【写真右】

※ここでお塩をして、まな板の上で板ずりをしてオクラの産毛をとってもいいですが。

ハンガリーの農家の方は、このまま茹でるそうです。

オクラの下ごしらえ。
オクラの下ごしらえ。
オクラの下ごしらえ。

3. 沸騰したお湯にオクラを入れます【写真左】

4. 約1分茹でて、火を止めます【写真右】

沸騰したお湯で約1分茹でる。
沸騰したお湯で約1分茹でる。
沸騰したお湯で約1分茹でる。

5. お鍋から取り出します。

6. 輪切りにカットします。※

※解凍しやすいように、約3〜5mmほどの厚さに輪切りにしました◎

お鍋から取り出して、輪切りにする。
お鍋から取り出して、輪切りにする。
お鍋から取り出して、輪切りにする。

7. ⑥を保存用の袋に入れて【写真左】冷凍します【写真右】

保存用の袋に入れて冷凍する。
保存用の袋に入れて冷凍する。
保存用の袋に入れて冷凍する。

冷凍した袋を開けてみると、こんな感じです◎

「オクラ」の冷凍保存。

「オクラ」の冷凍保存。

今日は、さっとお湯で茹でて、輪切りにして冷凍保存する方法をご紹介しました。

茹でて、輪切りの冷凍保存は、解凍する時間が短くて済むこと、すぐに食べられることがメリットかな、と◎

 

久しぶりに、ハンガリーで手作り納豆を作り「オクラ納豆」にしてみました◎

ハンガリーで作る「オクラ納豆」

ハンガリーで作る「オクラ納豆」

圧力鍋で蒸して作る「手作り納豆」のレシピは、

ハンガリーで納豆作り。大豆を圧力鍋で蒸して作る方法。こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

お鍋で蒸して作る「手作り納豆」のレシピは、

大豆をお鍋で蒸して作る、納豆の作り方。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com