こにはめも

ハンガリーのキッチン「Konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。作り方・レシピ。

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

豚ひき肉に生姜、長ネギ、たまごなどを混ぜてふわっとした肉団子に、

たけのこの水煮のシャキシャキッとした食感を混ぜて作る「たけのこ肉団子」鍋。

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

以前、「たけのこの水煮」を使って作るレシピをいくつかご紹介しました。

例えば。

ラーメンのトッピングにと、簡単「メンマ」を作ってみたり。

自家製「シュウマイの皮」を作り、「たけのこと豚肉のシュウマイ」など◎

 

以前の記事、たけのこの水煮で作る!簡単「メンマ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

以前の記事、フライパンで作る!「たけのこと豚肉のシュウマイ」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

シャキシャキッとした食感ががあり、

クセのない「たけのこの水煮」

 

いろんなお料理のアクセントに使える、便利な瓶詰めですが。

最近は、ここハンガリーでもスーパーなどで購入することができるようになりました。

 

今回もハンガリーにあるスーパーALDI:アルディで購入した「たけのこの水煮」を使って「たけのこ肉団子」鍋を作っていきます◎

ハンガリーで購入した「たけのこの水煮」

ハンガリーで購入した「たけのこの水煮」

と〜っても寒い季節にやっぱり食べたくなる「お鍋」

 

ハンガリーには、日本のような卓上のお鍋はないので。

普通のお鍋に、白菜、人参、平茸、長ネギと「たけのこ肉団子」を入れて、

お鍋にしよう〜っと作ってみました◎

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

材料は、豚ひき肉、たけのこの水煮、生姜、長ネギ、卵、酒(または白ワイン)、醤油、黒こしょう※、片栗粉、ごま油。

※隠し味程度にほんの少し加えます◎

 

作る手順は、5つ。

  1. たけのこの水煮をカットする。
  2. 豚ひき肉などの全ての材料を混ぜる。
  3. お好みのお野菜をカットする。
  4. お鍋に昆布入れて、お野菜を入れる。
  5. 肉団子を入れる。

 

今回、お野菜は白菜、人参、長ネギ、平茸を入れてみましたが。

お好みのお野菜をザクザクとカットして、入れて。

スープもお出汁が美味しいお鍋◎

 

ポン酢と大根おろし、柚子胡椒を添えていただきました◎

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

肉団子は、

以前、ご紹介しましたハンバーグよりも小さめに、コロコロと丸めて。

お鍋の中へぽんぽんと入れて煮ていきます◎

 

以前の記事、赤ワインで作る!簡単「ハンバーグソース」と作り置き「ハンバーグ」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

ここ数日、風の強いお天気が続いていたハンガリーですが。

今朝は、少し風がおさまったような、、そんなお天気のブダペスト。

朝日がと〜ってもきれいだったので、ドナウ川までお散歩に行ってきました◎

 

日曜日の早朝ということもあり、人も船もなく。

穏やかなドナウ川◎

 

天気予報によると、今日のブダペストの最高気温0℃。最低気温−6℃。

寒さのお陰で、空気がより澄んでいたのかな?と思うくらい、、

ドナウ川も透き通って見えるようでした◎

日曜日の早朝のドナウ川。

日曜日の早朝のドナウ川。

では。

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。作り方・レシピをご紹介します♡

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。作り方・レシピ。

:材料:

  • 豚ひき肉   500g
  • たけのこの水煮  100g
  • 生姜  30g
  • 長ネギ  50g
  • 卵   1個
  • 酒(または白ワイン)  大さじ2
  • 黒こしょう  少々
  • 醤油  大さじ1
  • 片栗粉  大さじ2
  • ごま油  小さじ1〜1.5

 

  • 大根おろし
  • ポン酢
  • 柚子胡椒

お野菜は、白菜、人参、長ネギ、平茸を使用します。

:作り方:

1. たけのこの水煮をカットする。

たけのこの水煮【写真左】を約5mm幅くらいにカットします【写真右】

たけのこの水煮をカットする。
たけのこの水煮をカットする。
たけのこの水煮をカットする。
2. 豚ひき肉などの全ての材料を混ぜる。

ボウルに豚ひき肉、①のたけのこの水煮、生姜(すりおろし)、長ネギ(みじん切り)、卵、

酒(または白ワイン)、黒こしょう、醤油、片栗粉、ごま油を入れて【写真左】混ぜ合わせます【写真右】

豚ひき肉などの全ての材料を混ぜる。
豚ひき肉などの全ての材料を混ぜる。
豚ひき肉などの全ての材料を混ぜる。
3. お好みのお野菜をカットする。

今回は、白菜、人参、長ネギ、平茸を入れてみました。

食べやすい大きさにカットします◎

4. お鍋にお水と昆布入れて、お野菜を入れる。

お鍋にお水と昆布を入れて、カットした③のお野菜(長ネギ以外)を入れて火にかけます【写真左】

5. 肉団子を入れる。

お野菜が大体煮えてきたら、②の肉団子をコロコロと丸めてお鍋の中へ入れます【写真右】

お鍋にお水と昆布入れて、お野菜、肉団子を入れる。
お鍋にお水と昆布入れて、お野菜、肉団子を入れる。
お鍋にお水と昆布入れて、お野菜、肉団子を入れる。

「たけのこ肉団子」に火が通ったら、

最後に長ネギを加えて、火を止めます◎

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

器に盛り付けて、お好みで大根おろし、ポン酢とゆず胡椒を添えて、できあがり♡

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋。

今日は、たけのこの水煮を使って作る!「たけのこ肉団子」鍋をご紹介しました。

 

ハンガリーで食べる「お鍋」

「たけのこ肉団子」は、鶏ひき肉で作っても軽い感じで美味しそうだな〜と思いますが。

今回は、豚ひき肉なので、食べ応えたっぷり◎

 

たけのこのシャキシャキ感がアクセントになった肉団子です◎

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」作り方・レシピ。

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

元気な天然酵母、強力粉、水、塩、オリーブオイルで「天然酵母のピザ生地」を作り。

ピザを焼いた後、

残った天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」とは?

平らで丸い形をしたハンガリーの揚げパン。

外はカリッと中はもちっとした食感◎

 

クリスマスマーケットなどの屋台、市場などに行くと。

よく見かける光景は、ハンガリー人が立ったまま、熱々の揚げパンを頬張る姿。

 

ちょっとした軽食に、ランチとして食べたりする「Lángos:ラーンゴシュ」

 

ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」は、

お店で注文するとき。

お好みでトッピングを選ぶことができるのですが。

 

そのまま揚げパンに、にんにくウォーター(にんにくの入ったお水)とお塩をかけていただくシンプルなものが「Sima:シマ」

ハンガリー人が注文する王道!と言えば、チーズとサワークリーム。

「Sajtos-tejfölös:シャイトシュ-テイフルシュ」

 

ハンガリー語の意味は、

Sajtos:シャイトシュ= チーズの

tejfölös:テイフルシュ =サワークリームの。

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

以前にもご紹介しました、【天然酵母】ピザ生地でハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

 

konyhamemo.com

 

先日、イタリア人の方に「天然酵母のピザ生地」を作る時。

天然酵母をもっと元気にする方法!と教えてもらった、

天然酵母を起こす際に小麦粉とお水を増やして作った「天然酵母ピザ」

 

【天然酵母】天然酵母を起こすための小麦粉とお水を増やして作る「天然酵母のピザ生地」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

「天然酵母のピザ生地」(約1kg)は、ピザ約4枚分。

冷蔵庫でゆ〜っくり、じ〜っくりと天然酵母の風味を引き出して◎

 

半分のピザ生地を使って、ピザを2種類作ったのですが。

この「天然酵母のピザ生地」の風味と、以前よりもカリッともちもちっとした食感が増した感じ◎

 

天然酵母ピザ1枚目は、「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ

2枚目は、ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」にしてみました◎

「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」とハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」
「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」とハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」
「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」とハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

これは!ハンガリーの揚げパンも試してみたいな〜っと、残りの半分(500g)のピザ生地を使って。

ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」を作ってみました◎

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

今日は、青空と共に朝からビュービューっと風が強いブダペスト。

天気予報によると、最高気温4℃。最低気温2℃。

そして、強風警報がハンガリー各地に出ているようです。。

 

暦の上では、今日から春が始まる日「立春」

わーっとお花が咲きほこる春が待ち遠しいな〜と◎

強風警報のハンガリー。

強風警報のハンガリー。

では。

天然酵母を起こす際に小麦粉とお水を増やして作った「天然酵母ピザ」を使って作る、ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」作り方・レシピをご紹介します♡

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」作り方・レシピ。

:材料:

  • 天然酵母のピザ生地
  • 揚げ油
  • 塩 お好みで
  • サワークリーム 150g※
  • にんにく  1片※
  • チーズ お好みで

※今回は、ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」で使用したサワークリームとにんにくを混ぜたものを、にんにくウォーターの代わりに使います。

にんにくウォーターは、にんにく(1片)を粗みじん切りにして、お水(約大さじ3〜5)ほどを混ぜ合わせます◎

にんにくの香りがポイントです◎

にんにく水。

にんにくウォーター。

:作り方:

天然酵母のピザ生地の半分の量(約500g)を使用します◎

1.  冷蔵庫で寝かせていたピザ生地を取り出します。※

※約48時間冷蔵庫で寝かせたものです◎

約48時間冷蔵庫で寝かせた「天然酵母のピザ生地」
約48時間冷蔵庫で寝かせた「天然酵母のピザ生地」
約48時間冷蔵庫で寝かせた「天然酵母のピザ生地」

2. 台の上に打ち粉をして、生地を取り出します。

3. 5つに分けて生地を丸めます。※

※一つ、約100gにしました。

ハンガリーでは、直径20〜25cmほど大きいサイズのものが多いのですが、、

食べやすい大きさにするために、少し小さめに作ります◎

天然酵母のピザ生地を分ける。
天然酵母のピザ生地を分ける。
天然酵母のピザ生地を分ける。

4. 分けた生地の下に打ち粉をして【写真左】

手で伸ばしながら、円盤のように形※を作ります【写真右】

※外側が厚め、内側が薄めにすると◎

円盤のように形を作る。
円盤のように形を作る。
円盤のように形を作る。

5. 揚げ油を温めて、中に④の生地を入れて、揚げていきます。※

※焦げないように弱火〜中火で揚げていきます◎

揚げ油で揚げていく。
揚げ油で揚げていく。
揚げ油で揚げていく。
揚げ油で揚げていく。

いい色に揚がってきたら、反対の面も揚げます。

いい色に揚がってきたら、反対の面も揚げる。
いい色に揚がってきたら、反対の面も揚げる。
いい色に揚がってきたら、反対の面も揚げる。

6. キッチンペーパーなどの上に上げて、油を切ります。

キッチンペーパーなどの上に上げて、油を切る。

キッチンペーパーなどの上に上げて、油を切る。

揚げたものは、こんな感じです◎

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

7. お好みでお塩をかけて、サワークリーム、にんにく(またはにんにくウォーター)、チーズをのせたら、できあがり♡

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

【天然酵母】天然酵母のピザ生地で作る!ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」作り方・レシピ。

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」

今日は、2月3日。節分。

ハンガリーで作る「恵方巻き」

 

恵方巻きの具材は、七福神に因んで7種類入れると縁起がいいようなので。

「パクチー、ツナマヨ、おかか、クリームチーズ、きゅうり、人参、パプリカ」を使って作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」

こにはめもを書き始めてから、3回目の「恵方巻き」

 

2021年は、2月3日ではなく、2月2日にあった節分。

慌てて、ありあわせでちょっと洋風な「恵方巻き」を作ってみました。

 

2021年の記事は、

ハンガリーで作る「恵方巻き」作り方・レシピ。こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

昨年2022年は、海苔の代わりに「薄焼き卵」を作り、

ベジタリアンでも食べられるような「恵方巻き」

 

2022年の記事は、

「薄焼きたまご」で作る「恵方巻き」作り方・レシピ。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

今年、2023年はどんな恵方巻きにしようかな〜と考えていたのですが。

1月中は冬休みをしていた農家の友人が『2月から市場に行くよ〜!』と連絡をくれて。

彼女の収穫した新鮮なお野菜で、具材を決めてみようーっと出かけてきました。

 

サラダ菜があるといいな〜と思っていましたが。

残念ながらまだ育っていないそうなので、、代わりに元気な「パクチー」※を使って。

「ツナマヨ」と合わせてみることにしました◎

 

7種類の具材は、

  • パクチー
  • ツナマヨ(ツナ+マヨネーズ)
  • おかか(かつお節+お醤油)
  • クリームチーズ
  • きゅうり
  • 人参
  • パプリカ(黄色と赤)

※「パクチー」は、ハンガリー語でkoriander:コリアンデル。

以前のパクチーを使ったレシピ、ベトナム料理「Phở gà:フォー ガー」鶏肉のライスヌードルは、こちらからどうぞ♡

2023年の「恵方巻き」の具材。

2023年の「恵方巻き」の具材。

材料は、白米、海苔、パクチー、ツナ缶、マヨネーズ、かつお節、醤油、クリームチーズ、きゅうり、人参、パプリカ(黄色と赤)。

 

作る手順は、5つ。

  1. 白米を炊く。
  2. 具材を用意する。
  3. 巻き簾の上に海苔、白米をのせる。
  4. 具材をのせる。
  5. 巻き簾で巻く。

ご飯を炊いている間に、具材を用意◎

 

ツナとマヨネーズを混ぜて「ツナマヨ」

かつお節にお醤油を混ぜて「おかか」を作り。

 

お野菜は全て大体3cmくらいの長さにカットします。

人参は、食べやすいように細切り、

きゅうり、パプリカは5〜7mmくらいの細さに切って、

パクチーは、3cmほどにざっくりとカットして用意します◎

ツナマヨ、おかか、クリームチーズ、パクチー、きゅうり、人参、パプリカ。
ツナマヨ、おかか、クリームチーズ、パクチー、きゅうり、人参、パプリカ。
ツナマヨ、おかか、クリームチーズ、パクチー、きゅうり、人参、パプリカ。

海苔の上に白米をのせたら、具材を並べて。

くるくるっと巻いて、できあがり♡

 

パクチーとツナマヨ、クリームチーズとおかかの旨味&塩気もあるので、お醤油はお好みでつけてもつけなくても、そのままぱくりっと食べられる「恵方巻き」

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」

農家の友人に会いに出かけると。

みぞれのような雪が降るブダペスト。

天気予報によると、最高気温4℃。最低気温−2℃。

 

明日は少し気温が上がるようですが、明後日からはまた雪になるとか。

暦の上では、立春の前日「節分」ですが。

まだまだ春は先かな〜っと。

みぞれの降るブダペスト。

みぞれの降るブダペスト。

では。

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」作り方・レシピをご紹介します♡

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」作り方・レシピ。

:材料:(2本分)

  • 白米  お好みで
  • 海苔  2枚
  • パクチー  お好みで
  • ツナ缶   1缶
  • マヨネーズ  大さじ1.5〜2
  • かつお節  約15g
  • 醤油  小さじ1〜1.5
  • クリームチーズ   お好みで
  • きゅうり  お好みで
  • 人参  お好みで
  • パプリカ(黄色と赤)  お好みで

:作り方:

1. 白米を炊く。

白米を炊いている間に、具材を用意します。

2. 具材を用意する。

ツナとマヨネーズを混ぜて「ツナマヨ」

かつお節にお醤油を混ぜて「おかか」を作ります【写真左】

 

パクチーは、3cmほどにざっくりとカットして、

人参(細切り)、きゅうり、パプリカ(約5〜7mm)くらいの細さに切り、用意します【写真右】

「ツナマヨ、おかか、クリームチーズ、パクチー、きゅうり、人参、パプリカ」を用意する。
「ツナマヨ、おかか、クリームチーズ、パクチー、きゅうり、人参、パプリカ」を用意する。
「ツナマヨ、おかか、クリームチーズ、パクチー、きゅうり、人参、パプリカ」を用意する。
3. 巻き簾の上に海苔、白米をのせる。

巻き簾の上に海苔をのせて、全体に満遍なく白米をのせていきます。

巻き簾の上に海苔をのせて、白米を満遍なくのせる。

巻き簾の上に海苔をのせて、白米を満遍なくのせる。
4. 具材をのせる。

パクチー、人参、ツナマヨ、クリームチーズ、パプリカ、きゅうりをのせます。

※手前にくずれにくいもの、奥はくずれやすいもの、細かく切ったものなどをのせると巻きやすいです◎

パクチー、人参、ツナマヨ、クリームチーズ、パプリカ、きゅうりをのせ

パクチー、人参、ツナマヨ、クリームチーズ、パプリカ、きゅうりをのせ

おかかをツナマヨとクリームチーズのあたりにのせます。

おかかをツナマヨとクリームチーズのあたりにのせる。

おかかをツナマヨとクリームチーズのあたりにのせる。
5. 巻き簾で巻く。

巻き簾で下からきゅっきゅっと巻いていきます。

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」
ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」
ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」

お皿に盛り付けて、できあがり♡

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」

ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」

今日は、ハンガリーで作る「パクチーとツナマヨの恵方巻き」をご紹介しました。

 

商売繁盛や無病息災を願って、

恵方(2023年は、南南東のやや南)に向かって願いごとを思いながら、喋らず、黙々と最後まで食べきる、、と願いが叶うとされる恵方巻き。。

 

毎年、大きな恵方巻きを喋らずに、、

丸ごと最後まで食べ切るって難しいな〜と思いますが。

 

海外にいても海苔とご飯(白米)があれば、いろんな具材をくるくるっと巻いて。

「恵方巻き」を作ることができるな〜っと◎

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」作り方・レシピ。

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

今日は、天然酵母のピザ生地の上に、

サワークリームとにんにく(みじん切り)を混ぜたものを塗って、

玉ねぎ、ベーコン、チーズをのせて作っていきます◎

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

先日、天然酵母を起こすための小麦粉とお水を増やして作る「天然酵母のピザ生地」をご紹介しました。

 

【天然酵母】天然酵母を起こすための小麦粉とお水を増やして作る「天然酵母のピザ生地」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

ご紹介しました「天然酵母のピザ生地」は、約4枚分(一枚約250g)。

ピザのトッピングを何にしようかな〜っと考えるのも楽しみの一つですが。

 

今回は、ピザを2枚焼いて、

残りは、ハンガリーの揚げパンにしてみました◎

 

天然酵母ピザ1枚目は、

昨日ご紹介しました「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

 

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」
「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」
「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

2枚目は、何にしようかな〜っと考えた結果。

ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」を作ることにしました◎

 

以前にもご紹介しましたが、

今日は、「天然酵母のピザ生地」をちょっと変えてみたので。

どんな感じに焼き上がるかな〜っと、記録のためにも記載したいと思います◎

 

【天然酵母】ハンガリーのピザ。Töki pompos:トゥキ ポンポシュ。作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」
【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」
【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

ハンガリーのクリスマスマーケットやイベントなどでよく見る釜焼きのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

 

サワークリームとみじん切りしたにんにくをベースに塗って。

玉ねぎとベーコンとチーズ、とシンプルなトッピング。

寒い日に、熱々を一口いただくと溶けたチーズと玉ねぎ、サワークリーム、ベーコンの相性がぴったりのハンガリーのピザ◎

 

材料は、天然酵母のピザ生地、サワークリーム、にんにく、玉ねぎ、ベーコン、チーズ、塩、こしょう。

 

作る手順は、8つ。

  1. 玉ねぎ(輪切り)、にんにく(みじん切り)、ベーコン(角切り)をカットする。
  2. 器にカットした①のにんにくを入れ、サワークリームと混ぜる。
  3. 天板の上にピザ生地を手で伸ばしてのせる。
  4. 約250℃のオーブンで約5分下焼きをする。
  5. ②のサワークリームとにんにくを混ぜたものを塗る。
  6. 玉ねぎ、ベーコンをのせて、塩こしょうをする。
  7. チーズをたっぷりとかける。
  8. 250℃のオーブンで約5〜10分、いい色になるまで焼く。

サワークリーム、にんにく、玉ねぎ、ベーコン。

では。

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」の作り方・レシピをご紹介します♡

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」作り方・レシピ。

:材料:

トッピングの量は、お好みで◎

  • 天然酵母のピザ生地  
  • サワークリーム 150g
  • にんにく  1片
  • 玉ねぎ 1個
  • ベーコン 50g 
  • ピザ用チーズ  100g
  • 塩   適量
  • こしょう 適量

:作り方:

※オーブンを250℃に設定して温めはじめます。

1. 玉ねぎ(輪切り)、にんにく(みじん切り)、ベーコン(角切り)をカットする。

玉ねぎを輪切りに、にんにくはみじん切り、ベーコンは角切りにカットして用意します【写真左】

2. 器にカットした①のにんにくを入れ、サワークリームと混ぜる。

サワークリームとにんにくを混ぜます【写真右】

玉ねぎ(輪切り)、にんにく(みじん切り)、ベーコン(角切り)をカットして、サワークリームとにんにくを混ぜる。
玉ねぎ(輪切り)、にんにく(みじん切り)、ベーコン(角切り)をカットして、サワークリームとにんにくを混ぜる。
玉ねぎ(輪切り)、にんにく(みじん切り)、ベーコン(角切り)をカットして、サワークリームとにんにくを混ぜる。
3. ピザ生地を手で伸ばす。

ピザ生地を打ち粉をした台の上に出して【写真左】

手で、少しづつ伸ばしていきます※【写真中央・右】

※大体伸ばしたら、あとは天板の上で伸ばすと作りやすいです◎

ピザ生地を手で伸ばす。
ピザ生地を手で伸ばす。
ピザ生地を手で伸ばす。
ピザ生地を手で伸ばす。
4. 250℃のオーブンで約5分下焼きをする。

天板の上にピザ生地をのせて、お好みの厚さにします【写真左】

あらかじめ温めていたオーブン250℃で約5分焼きます【写真中央】

ぷくーっと膨らんでいますが、この上からサワークリームを塗っていきます◎【写真右】

 

250℃のオーブンで約5分下焼きをする。
250℃のオーブンで約5分下焼きをする。
250℃のオーブンで約5分下焼きをする。
250℃のオーブンで約5分下焼きをする。
5.サワークリームとにんにくを混ぜたものを塗る。

サワークリームとにんにくを混ぜたものを④の上に塗ります【写真左】

6. 玉ねぎ、ベーコンをのせて、塩こしょうをする。

玉ねぎ、ベーコン、塩、黒こしょう(少々)をします【写真中央】

7. チーズをたっぷりとかける。

チーズをたっぷりとお好みで全体にかけます【写真右】

サワークリームとにんにくを混ぜたものを塗り、玉ねぎ、ベーコン、塩こしょう、チーズをたっぷりとかける。
サワークリームとにんにくを混ぜたものを塗り、玉ねぎ、ベーコン、塩こしょう、チーズをたっぷりとかける。
サワークリームとにんにくを混ぜたものを塗り、玉ねぎ、ベーコン、塩こしょう、チーズをたっぷりとかける。
サワークリームとにんにくを混ぜたものを塗り、玉ねぎ、ベーコン、塩こしょう、チーズをたっぷりとかける。
8. 250℃のオーブンで約5〜10分、いい色になるまで焼く。

250℃のオーブンで約5〜10分、いい色になるまで焼きます。※

※オーブンによって焼き加減が違うので、様子をみながら焼くと◎

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

お好みの大きさにカットして、できあがり♡

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

【天然酵母】ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

今日は、ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」をご紹介しました。

 

天然酵母を起こす(元気にする)時に、いつもよりも強力粉とお水を増やして「天然酵母のピザ生地」を作ったのですが。

 

カリッともちっと感が増した感じがしました◎

 

ハンガリーのサワークリームとベーコンのピザ、

トマトソースをベースにしたピザとはまた違った美味しさがあるので、ちょっと変わったピザを焼きたい時におすすめです◎

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」作り方・レシピ。

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

自家製トマトソースの上にベーコン、冷凍保存していた平茸、チーズをのせて焼いて。

フレッシュなルッコラをのせた「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

 

昨日、天然酵母を起こす(元気にする)ために小麦粉とお水を増やして作る「天然酵母のピザ生地」をご紹介しました。

 

【天然酵母】天然酵母を起こすための小麦粉とお水を増やして作る「天然酵母のピザ生地」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

今日は、冷蔵庫で天然酵母の旨味をじっくり引き出した「ピザ生地」の上に、

トッピングをして焼いていきます。

 

天然酵母ピザ生地は、独特の風味とカリッともちっとした食感が特徴◎

 

ピザ生地を伸ばして、一度焼いた後。

をたっぷりとのせて、ベーコン、冷凍保存していた平茸、チーズをのせて焼き。

自家製トマトソースの上に大好きなルッコラをのせた「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

先日ご紹介しました、トマト缶を使って「トマトソース」を美味しく作るポイントとは?と考えながら作った「トマトソース」

パスタにも冷凍保存していた平茸をそのまま使ったのですが。

 

トマト缶を使って「トマトソース」を美味しく作るポイントとは?「ひらたけ&ルッコラとベーコンのトマトパスタ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

市場で「ひらたけ」農家のおじいさんから購入したもの。

その時に、「細かく割いて、少し日に干して、冷凍すると便利だし美味しいよ〜」っと教えていただいて。

それから、新鮮な平茸を見つけると、冷凍保存するようになりました◎

 

ピザのトッピングにも、冷凍保存していた「平茸」をそのまま使って、焼いていきます◎

 

平茸の冷凍保存については以前の記事、

圧力鍋で加圧10分!簡単「鶏胸肉とひらたけキャベツのポトフ」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

冷凍保存していた「平茸」
冷凍保存していた「平茸」
冷凍保存していた「平茸」

材料は、自家製トマトソース、ベーコン、冷凍保存していた平茸、チーズ、塩、黒こしょう、ルッコラ、オリーブオイル。

 

作る手順は、5つ。

  1. 天然酵母ピザの生地を伸ばす。
  2. オーブンでピザ生地だけを焼く。
  3. トマトソース、ベーコン、平茸(冷凍保存していたもの)をのせて焼く。
  4. チーズをのせて焼く。
  5. 黒こしょう、ルッコラ、塩、オリーブオイルをかける。

 

天然酵母ピザ生地を伸ばして。

焼いて。

トマトソース、ベーコン、平茸(冷凍)をのせて。

焼いて。

チーズをのせて。

焼いて。

ルッコラをわさっとのせて、できあがり♡

 

オーブンに入れたり出したりしながら、パリッともちっとピザ生地を焼いて。

冷凍していた平茸もそのままのせても生の状態ではなくなる、という焼き方です◎

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」
【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」
【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

今日は、風が強く、雨が降るブダペスト。

最高気温7℃。最低気温−1℃。

 

1月があっという間に過ぎて、今日から2月ですが。

天気予報によると、来週は、−10℃ほどまで下がる日もあるとか。。

 

雨が降ると植物が生き生きとする気がしますが。

まだまだ寒い冬、体調管理には気をつけたいですね◎

植物が生き生きとする雨のブダペスト。

植物が生き生きとする雨のブダペスト。

では。

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」作り方・レシピをご紹介します♡

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」作り方・レシピ。

:材料:

具材の量はお好みで◎

:作り方:

オーブンを250℃に設定して、温めはじめます。

1. 天然酵母ピザの生地を伸ばす。

打ち粉をした台の上にピザ生地をのせて※【写真左】

手で伸ばしながら形を作っていきます【写真中央・右】※※

※ピザ生地は全部で約1kgなので、ピザ1枚分は約250gくらいにすると4枚分になります◎

※※天然酵母がよく働いてくれているおかげ?で、かなりの伸縮性のあるピザ生地。

伸ばしても縮んでしまうので、ある程度まで伸ばして【写真右】

天板の上でさらに伸ばしました◎

天然酵母ピザの生地を伸ばす。
天然酵母ピザの生地を伸ばす。
天然酵母ピザの生地を伸ばす。
天然酵母ピザの生地を伸ばす。
2. オーブンでピザ生地だけを焼く。

天板にオーブンペーパーを敷き、その上にピザ生地をのせて。

お好みの厚さに伸ばして、形を整えます【写真左】

あらかじめ温めていたオーブン250℃で約3〜5分焼きます※【写真右】

※オーブンによって焼き加減が違うので、表面に少し焼き色がつく程度に焼きます◎

オーブンでピザ生地だけを焼く。
オーブンでピザ生地だけを焼く。
オーブンでピザ生地だけを焼く。
3. トマトソース、ベーコン、平茸(冷凍保存していたもの)をのせて焼く。

トマトソースをのせて【写真左】

ベーコン、冷凍保存していた平茸をのせて【写真中央】オーブン250℃で約3〜5分焼きます【写真右】

トマトソース、ベーコン、平茸(冷凍保存していたもの)をのせて焼く。
トマトソース、ベーコン、平茸(冷凍保存していたもの)をのせて焼く。
トマトソース、ベーコン、平茸(冷凍保存していたもの)をのせて焼く。
トマトソース、ベーコン、平茸(冷凍保存していたもの)をのせて焼く。
4. チーズをのせて焼く。

チーズをのせて【写真左】オーブン250℃で焼きます※【写真右】

※お好みのチーズの溶け具合まで焼くと◎

チーズをのせて焼く。
チーズをのせて焼く。
チーズをのせて焼く。
5. 黒こしょう、ルッコラ、塩、オリーブオイルをかける。

黒こしょうをチーズの上にかけて【写真左】

ザクザクとカットしたルッコラの上に、お塩(少々)をかけて、オリーブオイルをさっと回しかけます【写真右】

黒こしょう、ルッコラ、塩、オリーブオイルをかける。
黒こしょう、ルッコラ、塩、オリーブオイルをかける。
黒こしょう、ルッコラ、塩、オリーブオイルをかける。

お好みの大きさにカットして、できあがり♡

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」

今日は、冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」をご紹介しました。

 

数回に分けて、焼いて、

パリッともちっと焼き上げる「天然酵母ピザ」

 

トマトソースととろりと溶けたチーズ、

ベーコンと平茸の旨味と、シャキシャキのルッコラのコンビネーションがぴったりのピザです◎

【天然酵母】天然酵母を起こすための小麦粉とお水を増やして作る「天然酵母のピザ生地」作り方・レシピ。

天然酵母を起こすための小麦粉とお水を増やして作る「天然酵母のピザ生地」

元気な天然酵母、強力粉、水、塩、オリーブオイルで作る「天然酵母のピザ生地」

 

いつも冷蔵庫で使用している天然酵母から30gを取り出して。

「強力粉40g、お水30g」を加えてぐるぐると混ぜた後。

室温に放置して天然酵母を元気にしていますが。

 

今日は、いつもと同じように保存している天然酵母を30g、

いつもよりも多めの「強力粉70g、お水50g」を混ぜて、

元気になった天然酵母と、お水、強力粉、塩、オリーブオイルを混ぜ合わせて。

「天然酵母のピザ生地」を作ってみました◎

【天然酵母】天然酵母を起こすための小麦粉とお水の分量を変えて作る「天然酵母のピザ生地」
【天然酵母】天然酵母を起こすための小麦粉とお水の分量を変えて作る「天然酵母のピザ生地」
【天然酵母】天然酵母を起こすための小麦粉とお水を増やして作る「天然酵母のピザ生地」

以前ご紹介しました、強力粉で作る「天然酵母のピザ生地」

 

ピザ屋さんをされているイタリア人の方に教えてもらった、と〜っても簡単な天然酵母のピザ生地。

 

材料を混ぜて、冷蔵庫で寝かせるだけ◎

 

【天然酵母】強力粉で作る「天然酵母のピザ生地」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

昨年の夏、日本へ久しぶりに一時帰国した時にも、

日本で作るとどうなるかな〜っと試して作ってみました◎

 

【天然酵母】日本で作る!「天然酵母のピザ生地」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

以前、「天然酵母のピザ生地」を教えてもらったイタリア人の方に、

『ピザ生地を作る時、天然酵母をもっと元気にする方法ないかな?』と相談すると。

 

小麦粉とお水を増やすといいよ!と、即答。

 

早速、試してみました◎

結果、寒い時期に作ったので放置しておく時間はかかりましたが。

本当にむくむくっと天然酵母が2倍くらい膨らんでくれて◎

 

冷蔵庫で保存している天然酵母、お水、強力粉を混ぜて【写真左】

約1日ほどラップをかけて室温に放置していると、これだけ膨らんでくれました◎【写真右】

天然酵母、水、強力粉を混ぜて、1日室温に放置すると?
天然酵母、水、強力粉を混ぜて、1日室温に放置すると?
天然酵母、水、強力粉を混ぜて、1日室温に放置すると?

出来上がったピザ生地はどうなったかな?というと。

 

ピザ生地を伸ばす工程の時。

伸縮性がかなりあって、、伸ばしても縮んでしまったり、、

とちょっとだけ難しくなったかな〜っと思いましたが。

 

ピザ生地の焼き上がりはカリッともちもち感が増したかな、と◎

自家製トマトソースに、ベーコン、冷凍保存していた平茸、チーズをのせて焼いて。

上に大好きなルッコラをたっぷりとのせてみました◎

トマトソース、ベーコン、平茸、チーズ、ルッコラのピザ。
トマトソース、ベーコン、平茸、チーズ、ルッコラのピザ。
「ベーコン&平茸とルッコラの天然酵母ピザ」

材料は、元気な天然酵母、お水、強力粉、お塩、オリーブオイル。

作る手順は、3つ。

  1. 天然酵母の準備(元気にさせる)。
  2. 全ての材料を混ぜる。
  3. 冷蔵庫で約12時間〜48時間休ませる。

 

天然酵母は、小麦粉とお水だけで作ったものを大事に冷蔵庫に保管しています◎

小麦粉とお水で作る!天然酵母の作り方。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

天然酵母の保管方法。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

天然酵母が元気になってくれたら。

全ての材料を混ぜて、じっくりと冷蔵庫で休ませるだけ◎

 

ピザを焼きたい日の2〜3日前に作って、冷蔵庫に入れておくと。

天然酵母が働いてくれて、じわじわっと独特な風味とパリッともちっとした食感が楽しめるピザ生地に◎

天然酵母のピザ生地の使い道。

今日ご紹介するピザ生地は、約4枚分焼ける分量なのですが。

 

今回は、ピザを2枚焼いて、

残りは、ハンガリーの揚げパンにしてみました◎

 

天然酵母ピザ1枚目は、ルッコラとベーコン、平茸のトマトソースのピザ。

2枚目は、ハンガリーのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ

以前ご紹介しました、サワークリーム、にんにく、紫玉ねぎ、ベーコン、チーズをのせて焼いたもの。

ハンガリーのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」
ハンガリーのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」
ハンガリーのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」

残りは、ハンガリーの揚げパン「Lángos:ラーンゴシュ」にしてみました。

にんにくの香りと、お塩だけでも美味しいのですが。

 

ハンガリーのピザ「Töki pompos:トゥキ ポンポシュ」に使ったサワークリームの残りと、チーズをのせて。

Sajtos-tejfölös lángos:シャイトシュ テイフルシュ ラーンゴシュ。

チーズ-サワークリーム ラーンゴシュ。にしてみました◎ 

チーズとサワークリームのラーンゴシュ「Sajtos-tejfölös lángos」
チーズとサワークリームのラーンゴシュ「Sajtos-tejfölös lángos」
チーズとサワークリームのラーンゴシュ「Sajtos-tejfölös lángos」

では。

天然酵母を起こすための小麦粉とお水の分量を増やして作る「天然酵母のピザ生地」作り方・レシピをご紹介します♡

天然酵母を起こすための小麦粉とお水の分量を増やして作る「天然酵母のピザ生地」作り方・レシピ。

:材料:

天然酵母の準備
  • 天然酵母(冷蔵庫で保存しているもの)  30g
  • 強力粉 70g
  • 水   50g
ピザ生地
  • 強力粉 500g
  • 水   350g
  • 天然酵母 150g (前日から用意して元気な天然酵母)
  • 塩   10g
  • オリーブオイル 大さじ1

:作り方:

天然酵母の準備(元気にさせる)。

熱湯消毒したきれいな瓶に冷蔵庫で保存している天然酵母を取り出して、お水と強力粉を入れて、混ぜます。

冷蔵保存している天然酵母、お水、強力粉を入れて混ぜる。
冷蔵保存している天然酵母、お水、強力粉を入れて混ぜる。
冷蔵保存している天然酵母、お水、強力粉を入れて混ぜる。

季節や、お天気などによっても天然酵母の元気になる速度が違うので。

目安としては、大体2倍くらいに膨らんだら◎

 

今回は、約1日室温に置いておくと。

むくむくっと2倍くらいに膨らんでくれました◎

【約24時間後】の天然酵母の様子。

【約24時間後】の天然酵母の様子。
【約24時間後】の天然酵母の様子。
【約24時間後】の天然酵母の様子。
【約24時間後】の天然酵母の様子。
2. 全ての材料を混ぜる。

ボウルに元気な天然酵母を入れて【写真左】

お水を入れて【写真中央】混ぜます【写真右】

元気な天然酵母、水を混ぜる。
元気な天然酵母、水を混ぜる。
元気な天然酵母、水を混ぜる。
元気な天然酵母、水を混ぜる。

強力粉、塩、オリーブオイルを入れて【写真左】

ゴムベラなどでざっくりと混ぜた後【写真中央】手で捏ねます【写真右】

強力粉、塩、オリーブオイルを入れて捏ねる。
強力粉、塩、オリーブオイルを入れて捏ねる。
強力粉、塩、オリーブオイルを入れて捏ねる。
強力粉、塩、オリーブオイルを入れて捏ねる。

よ〜く捏ねたピザ生地は、こんな感じです◎

よ〜く捏ねた天然酵母のピザ生地。

よ〜く捏ねた天然酵母のピザ生地。
3. 冷蔵庫で約12時間〜48時間休ませる。

保存容器にピザ生地を入れて、冷蔵庫で休ませます。

保存容器にピザ生地を入れて、冷蔵庫で休ませる。
保存容器にピザ生地を入れて、冷蔵庫で休ませる。
保存容器にピザ生地を入れて、冷蔵庫で休ませる。

【約48時間後】のピザ生地の様子。

冷蔵庫でじっくりと寝かせて。

取り出してみると、発酵が進んでいて、フタにピザ生地がくっついていました【写真左】

横からみると、気泡が出ていて、元気な様子◎【写真右】

【約48時間後】のピザ生地の様子。
【約48時間後】のピザ生地の様子。
【約48時間後】のピザ生地の様子。

天然酵母のピザ生地は、これで完成!

 

今日は、冷蔵保存している天然酵母を元気にするために、

小麦粉とお水の分量を増やして作る「天然酵母のピザ生地」をご紹介しました。

 

ピザ生地ができたので。

あとは、お好みの具材をのせて、焼くだけ◎

 

明日は、トマトソースとベーコン&平茸を合わせて焼き、

フレッシュなルッコラをのせた「ベーコン&平茸とルッコラの天然酵母ピザ」をご紹介します♡

【天然酵母】冷凍保存していた平茸を使って作る「ベーコン&ひらたけとルッコラの天然酵母ピザ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」作り方・レシピ。

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」

カブを切って、塩揉みした後。

甘酢にさっと混ぜるだけ。

さっぱりと箸休めにもぴったりの、簡単「かぶの甘酢浅漬け」

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」

昨日、赤ワインで作る!簡単「ハンバーグソース」、

1kgの豚ひき肉を使って作る、作り置き「ハンバーグ」をご紹介しました。

 

赤ワインで作る!簡単「ハンバーグソース」と作り置き「ハンバーグ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

 

ハンバーグなどのお肉やお魚に添えて。

ポリポリっとあっさりと食べられるサラダのような、お漬物のような、

今日は、冬のお野菜「カブ」を使った簡単副菜「かぶの甘酢浅漬け」

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」

以前、カブを丸ごと使って作る「丸ごとカブのあんかけ煮」や、

かぶとツナの生姜炊き込みご飯」をご紹介しました。

 

以前の記事、鶏ガラスープで作る「丸ごとカブのあんかけ煮」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

以前の記事、かぶを丸ごと使って作る!「かぶとツナの生姜炊き込みご飯」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.com

カブ※は、煮るととろとろに。

生のままだとシャキッとした食感◎

 

火を通したもの、生のものと全く違った味わいがあるな〜と面白いお野菜◎

※ハンガリー語で、Sörretek:シュールレテク。

 

かぶの栄養価を調べてみると。

かぶの実:ビタミンC、食物繊維、アミラーゼ。

かぶの葉:ビタミンB2 、ビタミンC、葉酸、βカロテン、カルシウム、鉄、食物繊維など。

 

かぶの実も葉も栄養が詰まっているので。

かぶを丸ごと使って「かぶの甘酢浅漬け」を作っていきます◎

かぶ「Sörretek:シュールレテク」

かぶ「Sörretek:シュールレテク」

材料は、カブ(葉と実)、塩、砂糖(きび砂糖)、リンゴ酢。

作る手順は、5つ。

  1. かぶの実を切る。
  2. かぶの実を塩もみにする。
  3. カットしたかぶの葉、塩(少々)を混ぜる。
  4. 砂糖、リンゴ酢を加えて混ぜる。
  5. 30分ほど置いておく。

 

全部混ぜた後、お味を馴染ませるために30分ほど置いておきましたが。

葉、茎の色が変色してくること、

食感がフニャッとシャキシャキ感がなくなってしまうので。

その日のうちに食べ切れる量だけ作るといいかな、と◎

 

切って、混ぜるだけのと〜っても簡単レシピ。

あと一品作りたい!という時にも、オススメです◎

 

今日も雪がちらつくブダペスト。

天気予報によると、最高気温4℃。最低気温−5℃。

 

早朝にお散歩に行くと、霜が降りていて。

芝生や植物が白く凍っていました。。

 

こんな寒い中でも、道端のお花がかわいらしく咲いていて。

お花の生命力の強さにびっくり。

霜が降りた早朝のブダペスト。

霜が降りた早朝のブダペスト。

では。

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」作り方・レシピ。をご紹介します♡

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」作り方・レシピ。

:材料:

  • カブ(葉と実)   3個(約150g)
  • 塩   小さじ1〜1.5
  • 砂糖(きび砂糖)  小さじ2
  • リンゴ酢  大さじ2

:作り方:

1. かぶの実を切る。

かぶの実を薄いくし形にカットします【写真左】

2. かぶの実を塩もみにする。

お塩を入れて【写真中央】、揉み込みます【写真右】

かぶの実を切り、塩揉みする。
かぶの実を切り、塩揉みする。
かぶの実を切り、塩揉みする。
かぶの実を切り、塩揉みする。
3. カットしたかぶの葉と茎、塩(少々)を混ぜる。

かぶの葉と茎をよく洗った後。

ザクザクと約3cmくらいの長さにカットして、ボウルに入れて、塩(少々)も入れます【写真左】

4. 砂糖、リンゴ酢を加えて混ぜる。

砂糖、りんご酢を入れて【写真中央】混ぜ合わせます【写真右】

カットしたかぶの葉、塩、砂糖、リンゴ酢を加えて混ぜる。
カットしたかぶの葉、塩、砂糖、リンゴ酢を加えて混ぜる。
カットしたかぶの葉、塩、砂糖、リンゴ酢を加えて混ぜる。
カットしたかぶの葉、塩、砂糖、リンゴ酢を加えて混ぜる。
5. 30分ほど置いておく。

お味を馴染ませるために、30分ほど置いておきます◎

30分ほど置いておく。

30分ほど置いておく。

お皿に盛り付けて、できあがり♡

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」

切って混ぜるだけ!簡単「かぶの甘酢浅漬け」

今日は、切って混ぜるだけ!と〜っても簡単な「かぶの甘酢浅漬け」をご紹介しました。

 

さっぱりと箸休めにもなる一品。

冬のビタミン補給に、カブを丸ごと使って!

ぱぱぱっと作ることができる副菜です◎